パンチラ女子校生バイブル


パンチラ女子校生のローアングルに年甲斐もなく心ときめかせる管理人の秘蔵写真を大量公開中!みんなで見れば楽しさ二倍!このフェティシズム溢れる趣味で熱く語り合える同志よ、共に手をとり互いにコレクションを増やしていこうじゃないですか!さぁ、めくってのぞいて見放題!



パンチラ入口



バイブルとはつまり聖書のこと。聖典とも訳される。一般的にはキリスト教の経典書のことを指し、特に新約聖書を示す場合が多い。これは4人以上の筆者が書いた文章の寄せ集めであるというのが専門研究者達の手により確認されている。実際にはキリストの死後に書かれ、各筆者の時代もばらばらであり、矛盾した文章が多く含まれる結果となってしまっている。中心となっているマルコによる福音書がもっとも古い公式文章とされており、マタイによる福音書及びルカによる福音書はマルコによる福音書に加えてもう一つの出所不明の共通資料(Q資料と名づけられており、現存していない)を参考に書かれたといわれている。これにヨハネによる福音書を加えて書かれたのが新約聖書である。歴史上最も発行部数の多い書籍としても有名。コレに対し旧約聖書はキリスト教の前身とも言えるユダヤ教の聖典で、有名な世界創生のくだりや出エジプト記はこちらに記されている。これらは自身の信仰する宗派以外のものは外典、もしくは禁書という扱いとなり間違いのある書物と扱われ重要視されないか、人心を惑わす悪しき書物として焚書になるなど古代から争いの種にもなっていた。医学書、哲学書、思想・啓発書籍なども中世では焚書対象になったことなどから現存している書物の中には部分的に欠損があったり、概訳を書き直したものなども数多く、正確な原文のまま伝わっているものはほとんどない。新約聖書も繰り返し改稿されており、文章が大きく飛んでいたり、数世紀の間を空けてから書き足されているという部分も数多く存在する。一部のオカルティストたちは「何文字飛ばしで読むと暗号的な予言文章が隠されている」等といった噂を信じている(一時期の版では数百文字毎の読み飛ばしでケネディ大統領暗殺が予言されていたと言われている)が、複数人の記述を組み合わせた上で改稿されている以上、仮にそう読めたとしても偶然の一致であるというのが聖書研究者たちの言である。活版印刷以前から存在する書籍の中でも、有数の歴史を誇り、また曰くの多い書物でもある。元々はローマ帝国に対する批判書物だったと言われており、神に敵対する赤い獣とはローマとその皇帝を指していたとする説が有力である。また本来の意味合いとは別に、なんらかの思想、信念を持つ人間の価値観などに大きく関わるとされる書籍をその「個人にとってのバイブル」といった比喩的表現でも称される場合があり、このサイトでは後者の意味合いとして使用している。パンチラ好きのための経典、それがこのサイトである。



出口



交通アクセス 店舗案内 お問い合わせ
Copyright © 2006 www.peach55.com all rights reserved.